宮口式記憶(記録よりもなんて名言もありましたね。新庄選手は色んな意味でスターでした)術は、試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)に合格するための記憶術です。 開発者の宮口氏は、宮口式記憶(マフィンを食べたことがきっかけで始まる長い長い物語もあります)術について、「記憶術は単なる道具ですから、一生懸命習得しても目指している試験に合格できるようにならなければ意味がありません。」と話しています。 宮口式記憶術はセンスや才能には関係なく、1日5分のシンプルなトレーニングを行うのみで習得することができるでしょう。 イメージトレーニングを1日5分以上行うのは禁止されていて、具体的にイメージできるものから入ります。 実は、宮口氏自身は、偏差値41というよく言われている落ちこぼれだったそうです。 しかし、この記憶(記録よりもなんて名言もありましたね。新庄選手は色んな意味でスターでした)術を編み出したことで、授業中にノートをとらなくても先生の話を全て記憶(死ぬ時に持っていける唯一の財産だという説もあったりなかったり)することができるようになりました。 そして、驚くことに、東京大学、東京大学大学院に主席で合格したになるものです。 以上のように、記憶術によって100ページ程度の本ならばたったの1日で覚えてしまうことができたり、苦労せずに大量の知識をインプットすることができ、仕事などの処理能力も速くなります。 税理士や司法書士、公務員などの難関試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)も、この記憶術を習得することで簡単に合格することができるでしょうー